よみがえれ有明海

1日も早い開門調査の実施で有明海の再生を

カテゴリー: 有明海の基礎知識

有明海の再生を考えるオンライン連続講座 ご案内

  有明海漁民・市民ネットワークと諫早湾開門研究者会議で、有明海の再生や開門問題をテーマにした一般向けの連続講座が開催れますので、ご案内を転載いたします。 有明海の再生を考えるオンライン連続講座 ご案内 2021年4月、諫早湾の開門をめぐる裁判(請求異議訴訟)で、福岡高 裁は和解協議を提案しました。期限を12月までとした協議の中で、開門 調査について議論が行われることになると思われます。また、環境省の 有明海・八代海等総合調査評価委員会では、2021年度に「中間取りまと め」を公表することになって

荒尾干潟水鳥・湿地センターで諫早湾干拓事業の概要や有明海の干潟の生き物たちについて鹿児島大学の佐藤正典元教授がまとめられたパネルが展示されています。

荒尾市の荒尾干潟水鳥・湿地センターで諫早湾干拓事業の概要や有明海の干潟の生き物たちについて鹿児島大学の佐藤正典元教授がまとめられたパネルが展示されています。また、諫早市の写真家富永健司さんが撮影された1980年代の潮受け堤防が閉め切られる前の諫早湾の干潟の写真も展示されています。5月30日まで展示されてる予定ですので、一度ご覧になりませんか。  

NPOくまもと地域自治体研究所の会報「暮らしと自治くまもと」3月号に有明海問題を特集

この特集号には、有明海研究の第1人者である熊本県立大学副学長の堤裕昭環境共生学部教授と高橋徹元熊本保健科学大学教授、よみがえれ有明訴訟弁護団堀良一事務局長が寄稿されています。以下、紹介します。  

特別展「有明海の干潟の生物と人々の暮らし」(鹿児島大学総合研究博物館主催)

鹿児島大学の佐藤正典先生から、別のメーリングリストにこの企画のご案内がありましたので、ご紹介させていただきます。 私は、定年退職まであと2ヶ月余りとなりましたが、この時期に、鹿児島大学内で特別展「有明海の干潟の生物と人々の暮らし」(鹿児島大学総合研究博物館の主催)という企画をやらせてもらうことになり、昨日、何とか開催にこぎつけたところです。諫早の富永さんからは、締め切り前の干潟の貴重な白黒写真をたくさん送っていただきましたので、それも合わせて展示しています。当初は一般公開だったのですが、コロナ問題のために、

韓国干潟のオンラインセミナー、演者の変更について

先にご案内しておりました、韓国干潟のオンラインセミナーの演者が都合により交替されることになりました。 新しい演者は、韓国海洋水産開発院という海洋水産部の研究所のユク・グンヒョン博士になりました。ソウル大出身の研究者で学部では海洋生物、大学院では環境経済を研究され、干潟法の設定や干潟管理計画などの作成に直接関わった方です。干潟法などが作られた過程や背景になる考え方など具体的に聞くことができると思います。 *********************************************** 韓国の干潟

2020年1月26日に熊本県荒尾市で開催した“よみがえれ有明海講演会”での堤裕昭先生の公演ビデオです

2020年1月26日に熊本県荒尾市で開催した“よみがえれ有明海講演会”での堤裕昭先生の講演ビデオです。同年12月13日に熊本県城南町でも開催しました“よみがえれ有明海講演会”での堤先生の講演録画が、ビデオのトラブルで収録できませんでしたので、荒尾市での講演ビデオを紹介します。尚、このビデオは講演終了後、DVDに収録し、講演会当日に参加できなかった方のために作成しお渡ししたものです。 YouTubeのリンクから視聴ください。 https://youtu.be/uqNRX2Y3E7o

肥前鹿島干潟(新籠海岸)

鹿島川と塩田川の河口にある広大な干潟です。2015年6月にラムサール条約登録湿地となり、「肥前鹿島干潟」の名称で登録されています。柔らかい泥質の干潟には、ムツゴロウやワラスボに代表される多種多様な生物が生息しており、鳥類にとって格好の餌場になっています。これまでに新籠海岸では120種類以上の鳥類が確認されています。渡り鳥の生態系を保全する世界的な取り組み「東アジア・オーストラリア地域シギ・チドリ類重要生息地ネットワーク」に有明海沿岸で始めて登録されました。新籠海岸には、ソリハシシギやアオアシシギ、ホウロクシ

東よか干潟

佐賀県南部の有明海奥部北岸に位置し、東与賀干拓(大授地区)の南に広がる泥干潟。クロツラヘラサギ、ズグロカモメ、ツクシガモなどの絶滅危惧種を含む水鳥類の国内有数の渡りの中継地、越冬地となっており、シチメンソウの群落とその後方に広がる干潟が一望できます。2015年5月に国際的に重要な湿地として、ラムサール条約湿地に登録されました。 今年10月20日にビジターセンター〝ひがさす〟がオープンします。展望台からは堤防越えに干潟を一望できます。 公式サイトをご覧ください https://www.sagabai.com/